2009年08月03日

子猫販売ブリーダー直販サイト Cats(旧:インターネットのネコやさん)という業者をめぐるトラブル・苦情のお話

知人から、以下のような相談を持ちかけられたので、一応転載します。
議論の是非については、各自ご判断ください。


知人は、インターネットのねこやさん(現在の名称は子猫販売ブリーダー直販サイト Cats)というサイトで猫を購入したそうです。
↓こちらです
ttp://www.cats.to/
(わざとリンクをはずしてありますので、
 サイトをごらんになりたい方は、冒頭に「h」を加えて、
 ブラウザに張り付けてください)

友人は、紹介されたブリーダーから、猫を引き取ったところ、
その猫は、引き取ったその日から耳をさかんに掻いており、
2日ほどすると、耳の後ろが赤く腫れてきたそうです。
そして病院に連れて行きますと、「真菌症」と診断されたそうです。

しかも、病院に行ったついでに、検便検査をしたところ、
「コクシジウム」という寄生虫がいることが判明しました。
コクシジウムは、発症しないと何の症状もないものの、
一旦発症すると、死に至る可能性もある病気だということでした。

知人は、
コクシジウムは、他の猫の糞から経口感染するものだと聞いたので、
現在、家で他の動物を飼ってない知人宅での感染はありえないと考え、
ブリーダーさんの家の猫や、同じブリーダーからもらった他のお客さんの猫がもし保菌していたら大変だし、
その可能性が高いと思うので、
念のため、他のお客さんにも、検便検査をするよう連絡してくれないかとお願いしたところ、
上記の「インターネットのねこやさん」から、

「通常腸内に存在するからと言ってすぐに問題が出るわけではなく」
「現在何ともないネコちゃんのコクシジウムの検査をすることはあまり意味が無い」

として、要望を聞いてもらえなかったとのことです。

しかも「他の顧客からクレームは一切ない」ことを盾に、感染も当方の責任であるかのように言われたとのこと。

発症していないために他の顧客が気づいてないからクレームしてないだけかもしれないのに・・・。

またその後のメールではコクシジウムは「常在菌に近い」ものなので理解してほしい、
というようなことまで言ってきたとこのことです。

死に至る可能性もある寄生虫を、
「発症していないから検査しても意味はない」
といって済まそうとし、
それどころか、寄生虫を「常在菌のようなもの」とまで言い切るこの「インターネットのねこやさん」という業者、
正直どうなんでしょう??

みなさんどう思われますか?



posted by Mana at 21:50| Comment(19) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

宮城県村田町歴史みらい館「猫は神さま―県南の猫神信仰について―」

宮城県村田町の歴史みらい館にて、8月2日から9月28日まで、町民ギャラリー展「猫は神さま―県南の猫神信仰について―」が開かれているそうです。
http://www.town.murata.miyagi.jp/cgi-bin/new/new.cgi#mir20080821-01

宮城県南部を中心に、猫神に関する祠や石碑、猫塚、猫石などについて紹介したものだそうですが、上記ページには下記のような画像が掲載されており、とても面白そうです。遠いので見にいけないのが残念です。もっと早く知っていればなぁ・・・。

miraikan20080821-01.jpg丸森町大内字高田の猫神の石碑 年代:大正3年(1914)

miraikan20080821-02.jpg丸森町筆甫字和田の猫神の石碑 年代:文政5年(1822)

江戸時代、猫は養蚕地域でネズミの食害を防いでくれる存在として尊重され、信仰の対象になりました。養蚕が廃れてからは、無病息災や供養の象徴に変容していったようですが、河北新報の報道によれば、宮城県内には猫の石碑が51基、猫神社が10カ所あるとのことですが、石碑の全国的な分布は岩手県が8基、福島、長野両県は6基などで、宮城県が突出して多いそうです。また角田市枝野にある石碑には「猫神」の刻字とともに「講中」と彫られており、この地域に猫神信仰をよりどころとする集団が組織化されていたことを示す貴重なものだということです。

猫好きな方には、本当に面白そうな展示なので、近場の方はぜひ行ってみてください。

posted by Mana at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

犬を飼うってステキです−か?

東京都のホームページに掲載されている
「犬を飼うってステキです―か?」

とても素敵な内容のパンフレットです。
読んでて最後は涙が出そうになりました。

犬を飼おうと思っている方、そして今飼っている方には、
ぜひ一度読んでみてほしい内容です。

いろんなところに配布して、
たくさんの人に読んでもらいたいものです。


他にも東京都のホームページには、
いろいろなパンフレットや読み物が置いてあります。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/yomimono/index.html

posted by Mana at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

六本木で動物実験に関するシンポジウム

動物実験の規制等をテーマにしたシンポジウムが日本学術会議と日本動物実験代替法学会の共催で行われるそうです。

日本では、動物実験は「やむをえないもの」という考え方が支配的で、動物実験のひどい現状などは、あまり議論すらされていないのが現状だと思います。
そのような中で、日本動物実験代替法学会はかねてよりこの問題に地道に取り組んできた学会ですが、それが日本学術会議と共催でこのような大規模なシンポジウムを行うことは非常に意義のあることだと思います。

ちなみに、昼食およびレセプションでは、一般用、ベジタリアン用のお食事を用意して下さるそうです!
お近くの方、お時間のある方は、ぜひぜひ参加してみられたらいかがでしょうか。

主催:日本学術会議、日本動物実験代替法学会

日時:2008年2月23日(土曜日)

   シンポジウム   10時〜17時30分
   記念レセプション 18時〜20時

場所:六本木ヒルズ 森タワー49F タワーホールおよびライブラリカフェ
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー アカデミーヒルズ
電話:03-6406-6220

会費:無料(シンポジウム、昼食、記念レセプション)
定員:先着400名


なお、参加には事前登録等が必要のようですので、
詳しくは下記アドレスをご覧の上、お早めに登録ください。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsaae/080223_WC6_followup.html

posted by Mana at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

施設の犬猫に3日分のえさ代補助 国、収容即処分を防止(朝日新聞)

1月26日の朝日新聞に出ていたニュースですが、自治体の施設に収容された犬・猫に対し、国が3日分のエサ代を負担し、また新たな飼い主が見つかった場合にワクチン代を負担するということが決定したとのことです。

たった3日分ですし、ワクチン代を負担するからといってすぐに引き取り手が増えるわけではないでしょうけれども、国が今の殺処分の多さを異常と考え、何らかの手を打たなければならないとして、施策を取り始めたことの意義は大きいと思います。

犬・猫がこれほどに増えて殺処分され続けるている責任の多くの部分は人間にあります。これ以上不幸な犬・猫を増やさないために、国の施策がさらに充実することを望むとともに、人々の意識も変わっていくことを強く望みます。

(以下は朝日新聞の報道)
 自治体の施設に収容された犬猫に新しい飼い主が見つかった場合、国は犬ジステンパーや猫伝染性腸炎などを予防するワクチン代を負担することを決めた。また施設ですぐに殺処分されないよう3日分のえさ代も出す。新年度から初めて実施する。殺処分数が年間30万匹を超える犬猫に生きるチャンスを与え、殺される数を大幅に減らすのが目的だ。

 全国の自治体では06年度、11万8000匹の犬と23万5000匹の猫が、殺処分された。飼い主の都合で保健所に引き取られたり、捨てられたりした犬猫が大半だ。

 これまで動物保護団体と協力して、新たな飼い主を探す譲渡会を開く自治体もあったが、対応はバラバラで譲渡数は伸び悩んできた。06年度、新たな飼い主が見つかった犬は1万4000匹、猫は4800匹にすぎなかった。収容された犬猫は飼い主が名乗り出なければ、2〜3日以内に殺される例が少なくない。

 このため環境省と厚生労働省は昨年、全国の自治体に収容の期間を延ばすなどして「できるだけ、(殺さずに)生存の機会を与えるよう」要請、指導する文書を出した。さらに政府は25日、地方交付税法を改正して、新年度、3億5000万円を確保することを閣議決定した。

 これにより国は、引き取り先が決まった犬猫に1匹あたり、2300円の混合ワクチン代を負担する。引き取り先で、健康に生きられるようにするためだ。また、新たな飼い主に出会う機会を広げるため、収容施設に来てから3日分のえさ代も負担する。

 これらの施策は、愛犬家の松野頼久衆院議員(民主)が環境委員会でたびたび提案してきた。今後10年間で、犬猫の殺処分数の半減目標を掲げる政府も、新たな発想と対策が必要と判断し、導入を決めた。


posted by Mana at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

売春宿にいたオランウータン

こちらに出てるニュースなのですが、
http://www.viceland.com/int/v14n10/htdocs/yo1.php?country=us
あまりに衝撃的なので紹介させてください。

ボルネオ島のインドネシア領で、あるオランウータンが、「ボルネオ・オランウータン・サバイバル・ファウンデーション」という団体に保護されたそうです。この団体は、1999年に発足し、ペットとして捕獲されたり、山火事等で親をなくしたオランウータンを森に戻す活動をしている団体です。


このオランウータンの名前はポニー。
なんと、このポニーははここに連れて来られる前まで、売春宿で人間を相手に体を売っていたのだそうです。


ポニーが発見されたのは、ボルネオ島にある小さな村(元記事によると、どうやら売春に特化した村であるようです)の売春宿で、彼女はくさりで壁につながれ、マットレスの上に横たわっていたとのこと。

オランウータンは、赤茶けた少し長めの毛に覆われていますが、ポニーは、体中の毛を剃られ丸裸でした。男性が近づくと、彼女はくるりと背を向け、お尻を突き出してぐるぐる回し始め、セックスを誘うような素振りをすると書かれています。保護された時、彼女は6、7才であったと推定され、それまで長期にわたり売春宿の女性経営者(マダム)の元にいたようです。


団体は、過去に何度かポニーを助け出そうとしたのですが、マダムは、ポニーは皆に可愛がられ、稼ぎもいいからと引き渡しを頑に拒否。ポニーは宝くじの当選番号を引いたりしたこともあるそうで、幸運をもたらす存在として見られていたというのも、理由の一つだったようです。

売春宿には、もちろん女性たちも働いていましたが、オランウータンとセックスするという物珍しさから、そこを訪れる客の多くはポニーを指名したそうです。

当時、ポニーは毛を一日おきに剃られていたため、皮膚はただれ、吹き出物だらけだったとのこと。あらわになった地肌を蚊は容赦なく刺し、痒くてたまらない彼女は蚊の刺し傷を掻き続け、そこからばい菌に感染、その上、指輪やネックレスまで身に付けさせられており、ポニーは見るに耐えない状態だったとのことです。

ポニーをそこから救い出そうと、団体のワーカーたちは森林警備官と地元の役人たちを引き連れ、一年にわたり何度も売春宿に足を運んだが、その度村人たちに妨害されたようです。彼らは銃と毒が塗られたナイフをちらつかせ、ワーカーたちを脅したそうです。

最終的にAK-47(自動小銃)で武装した35人の警官が出動し、やっとオランウータンを救出することができたとのこと。ポニーがつながれていたくさりをワーカーたちがはずそうとした時、マダムは、「私のベビーを連れて行かないで!」と、泣き叫んだらしいですが、こんな待遇をさせておいて、何を言うか!という感じです。

インドネシアにはこのケースのような動物虐待を裁く法的根拠がなく、ポニーを囲っていたマダムらは何のおとがめも受けていないようです。



おわかりの通り私は動物愛護派です。動物実験してる商品はできるかぎり買わないようにしています。毛皮にも反対です。肉食は否定しませんが、その生産の過程で不必要な苦痛が与えられていることには批判的です。

動物愛護とかいうと、人間より動物が大事なのかとか筋違いなことを言う人がいますが、動物を不幸な境遇に陥れている人間の行為をやめさせたいだけです。動物愛護をうざがる人は、まず下記のページを見てほしい。
http://mbis0.tripod.com/index/index1.htm
↑何の罪もない動物たちが、なんでこんなひどい目にあわなくてはならないのでしょうか?

こうした動物たちを助けることができるのは人間だけです。

日本のアダルトビデオなどでも、「獣姦物」と呼ばれるジャンルがあると聞いたことがあります。それが本当だとしたら、この記事は外国のことだと対岸視はできないのかもしれません。もしそんなものを作っている者が本当にいるのだとしたら、絶対に許せません。


人間にいいように扱われて不幸に陥る動物が、一匹でも減ることを祈るばかりです。

posted by Mana at 09:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

殺処分問題に解決の糸口 避妊を義務づける法案に賛否両論(PETWALKER.JP)

2007年6月11日のPETWARKER.JPに、アメリカ国内では初となるペットの避妊を義務づける法案がカリフォルニア州議会で可決されたとのニュースが出ていました。

7日、アメリカ国内では初となるペットの避妊を義務づける法案がカリフォルニア州議会で可決された。ニューヨークを拠点とし、犬の飼い主で構成する連盟「キャッスルトン」の事務局長(モーリーン・ヒルホークさん)はこれが法律として施行されれば理論上、カリフォルニア州の犬がどんどん減ってしまう可能性があると、この法案に対し脅威を感じていると言う。
この法案については賛否両論で州議会の上下両院で少数派となる共和党では、自体を重く見ておらず「細かいところまで管理しすぎだ」と反論する議員もいるという。法案を支持した民主党は、「今回のペットの去勢手術を義務付ける法案は、望まれないペットが捨てられて州の収容所に引き取られる事態を減らすために必要だ」と語る。
法案の内容はブリーダーや盲導犬の育成など一部の飼い主は免除されるという。その他の飼い主については、去勢手術を受けさせるよう求める内容で、違反した飼い主には動物1匹につき500ドル(約60,000円)の罰金が科せられるという。現在、カリフォルニア州では毎年50万匹もの動物たちが殺処分されており、それらの費用に州では毎年3億ドル(約350億円)という巨額の負担を強いられているのが現状だ。一方、他の愛護団体は「カリフォルニア州における、こういったペットが増えすぎるという問題に対して解決の糸口になる」という声もある。この法案に対して、アーノルド・シュワルツェネッガー州知事はまだ表明はしていない。


ペットの避妊の是非については、以前より議論の多いところです。不幸なペットを増やさないためには避妊は必要だ、という議論もあれば、ペットに避妊を強制して生殖能力を奪うのは人間の身勝手だという議論もあります。近年、坂東真佐子さんが、避妊手術をするのが嫌だから、避妊手術はしない、そして生まれてきた子猫を殺している、と発言して、大騒ぎになったのも記憶に新しいところです。

いずれにせよ、人間の身勝手で不幸に陥るペットを減らすことは大事です。

避妊の是非については今後も議論を重ねていくことが必要ですしょう。

そして何より、野良犬や野良猫の原因となっている人間による動物遺棄が最大の問題です。一度飼った生命については、責任を持って最後まで面倒を見るというのは最低限度の義務だと思います。

欧米に関して、日本では動物愛護に関する議論が低調ですが、日本でも今後、避妊問題に関してもっと議論が盛んになることが必要でしょうし、動物の遺棄や虐待に関しては、罰則を強化していくことが必要ではないかと思います。

posted by Mana at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

イエネコの祖先はリビアネコと判明

2007年6月29日のペットウォーカーニュースに下記のような記事が出ていました。
これまでの通説をくつがえす学説ですね。
DNA分析を活用した研究は今後ますます深化していくでしょうから、きっとこれからいろんなことがわかってくることでしょう。
楽しみですね。

どこにでも見られる普通の猫である飼い猫(イエネコ)の祖先は、これまでアフリカヤマネコが祖先だという説が一般的だとされていたが、米英などの国際チームにより世界の1,000匹近い猫の遺伝子解析を実施し、中東の砂漠地帯に生息するリビアネコが祖先であることが判明されたと、28日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

このヤマネコの地中海東部沿岸の少なくとも5種類の母性系統から家畜化が行われたという。国際研究チームはイエネコやヤマネコの亜種の間の進化関係を研究。ヤマネコとイエネコはほとんど両者を区別できないほど混血を繰り返していた。

同研究チームのカルロス・ドリスコルらは979匹のネコから採取した遺伝物質を使って分析し、どの系統同士が最も近い親戚関係にあるか調べた結果、「クレード」に分類できることを発見した。イエネコとヤマネコの亜種数種を含むこの系統がこれまでの推測より古く、10万年以上前に起源をもつことが報告されている。クレードのひとつにはイエネコと中東のヤマネコ数種が含まれており、これはイエネコすべての元になった個体群から、このグループが分岐したことを示唆しているのだという。
※クレード…分岐学(分岐分類学)における、単系統群をさす用語。


posted by Mana at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

犬猫の引き取り有料化、全国へ拡大 (Petwalker.jp)

Petwalker.jpから、全国の自治体で、犬猫の引き取りの有料化が相次いでいるというニュースです。

まず、発端は、16日の厚生労働省の通達から始まりました。まずは、この通達を報じたPetwalker.jpの報道から。

これまで全国の動物愛護センターや保健所では、職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬は、捕獲してから2日経っても飼い主が名乗り出ない場合、狂犬病予防法に基づき、ほとんどを殺処分しているのが現状だ。

今回厚生労働省は16日までに、犬の殺処分について、出来る限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など動物愛護センター、保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。病気の予防や食品の安全、働く人が安全で快適に働ける環境づくりなど人の生活に関わる厚労省が、動物愛護の観点に立ち自治体に働きかけをするのは異例。厚労省は「狂犬病予防法が制定された昭和20年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼び掛けているという。2005年度に捕獲された犬は88,827匹で、うち飼い主がみつかったのはわずか14,410匹。動物愛護団体や一部国会議員からは「たった2日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に訴えていた。

しかし、動物愛護センターや保健所では何日間も保護し続ける場所やコスト、それに伴う人手の確保は現実問題として容易ではない。また犬だけに限らず、猫の捕獲頭数、殺処分の頭数は犬に比べてはるかに多く現状のままとなっている。

さらなる問題として、あたかも里親のふりをして引き取った後、毛皮業者への販売や動物実験に使用されるなど、殺処分に関する問題はまだまだ山積している。


次に、この通達を受けて引き取りを有料化する自治体が増えているというPetwalker.jpの報道を載せておきます。

先日厚生労働省からの異例の通達を受けた全国の自治体で、犬猫の引き取りの有料化が相次いでいる。引き取り、または捕獲された犬猫の9割以上、年間36万匹以上が殺処分されている現状に環境省は、改正動物愛護法に基づき、平成18年7月に動物愛護管理基本指針を制定。一部の自治体はこれまで無料だった引き取りを、安易な飼育放棄を減らす目的で有料化に踏み出していた。

全国での有料化実施の背景には、犬猫の殺処分数の減少と、引き取り先を飼い主に探させることが狙いとみられる。飼い主から得られた料金は各自治体の動物愛護センターなどの運営資金の一部に充てられる。


この問題で、保健所や動物愛護センターを責めるのは容易ですが、しかし根本の問題は安易に動物をそうした施設に持っていく飼い主の側にあります。「処分」しきれないほどの動物たちが持ち込まれている現状をなんとかしない限り、保健所や愛護センターのやり方だけを責めることはできないでしょう。

それを考えると、こうした有料化の方向は当然という気もします。もっともっと高額化してもかまわないと思います。

とはいえ、このように有料化した場合、センターへ持っていくのではなく、街中に捨てる人間が増えることが危惧されます。人々の意識の向上が必要なのは言うまでもありませんが、事態はそれを期待しうる状況をはるかに超えるひどさだと思います。
ペットの放置に関する罰則の強化と、ペットの販売体制の見直し(登録の義務化など)といったことも、あわせて考慮していく必要があるのではないでしょうか。

posted by Mana at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

言葉を話すスズメ

5月17日の産経新聞から、すずめが人間の言葉をしゃべっているというニュースです。

 ◇…三重県紀北町の食料品店「中野章吾商店」で保護されているスズメのチビは「いらっしゃい」「おはよう」「チビちゃん」など9つの言葉を話し、訪れる人を驚かせている。

 ◇…6年ほど前、けがをしていたため同商店の中野八重さん(85)に預けられたチビ。八重さんが毎朝、世話をしながら「おはよう」と話し掛けていると、約半年後にまねるようになったとか。

 ◇…八重さんの話す方言の抑揚もまねてはっきり発音するチビに、専門家も「スズメのくちばしや舌ではオウムほど上手にまねはできないはず。愛情のたまものだと思う」と舌を巻いている。


これはかなり驚きのニュースですね!ぜひそのすずめが喋るところを見てみたいものです。どっかのテレビで取り上げてくれないかなぁ・・・。

posted by Mana at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。