2008年02月11日

花粉症のレーザー手術

私は毎年重度の花粉症に悩まされているのですが、
今年は意を決して、レーザー手術を受けることにしました。
先週の火曜、つまり2月5日に、千葉の病院で受けて来ました。
1月初頭に一回見てもらったのですが、予約が一杯で、2月頭にようやく手術を受けることができました。

レーザー手術というのは、簡単に言えば、
鼻の奥の、花粉を感知する箇所をレーザーで焼いてしまうという手術です。

なんかこれだけ聞くととても荒療治のように思えますよね。
私もそう思ってこれまで遠慮していたのですが、
しかし毎年あまりにひどく、クスリを飲むと眠気がひどいし、
日常生活に多大な支障が出るので、
今年は意を決して手術を受けることにしました。

やはり手術なので、一番心配だったのは、痛くないかということですが、
結論から言えば、全然痛くありませんでした。
というのも、麻酔をしっかり効かせるからです。

まず両方の鼻の穴にガーゼを詰めます。
7〜8枚ずつ詰めるので結構キツキツですが、
身体に力を入れずにリラックスしてれば、それほどつらくありません。

ガーゼを詰めてから、15〜20分ほど待ちます。
すると少し歯の辺りの感覚が麻痺してきて、麻酔が効いてきたなと実感します。

それでもやっぱり、レーザーを当てる時は怖いものです。
本当に麻酔が効いているのか、もし効いてなかったらどうしよう、
そんな余計なことばかり考えてしまいます。

しかし実際にはこんなものは杞憂でした。
最初にお医者さんが、ピンセットでちょっと触って、
麻酔が効いているか試してくれましたが、全然感覚がありません。
その後レーザーを照射しても、全然痛みは感じず、
片方5分ずつ、あっという間に終わってしまいました。

その後夜になって麻酔が切れた頃に、すこし鈍い痛みがありましたが、それとて全然耐えられないものではなく、
こんなにたいしたことない手術なら、もっと早く受けておけばよかったな〜というのが、実感でした。

手術後2〜3日は、鼻水が止まりませんでしたが、
(一時的にアレルギー症状が出たり鼻水が出たりするそうです)
現在は鼻水も大分おさまってきています。

レーザー手術は万能というわけではなく、
人によっては効果がない場合もあるみたいですが、
大体8割以上の人は良くなるみたいです。
(といっても効果は永続するのではなく、1〜3年で元に戻るそうです)

私が果たしてその8割に入っているかどうかは、これから花粉の飛散が始まってみないとわかりませんが、
無事効くことを祈るばかりです。

治療費は、保険適用なので、6000円程度しかかかりません。
もし効いてくれれば本当に安いものです。

実際に効果があったかどうかについては、またそのうちこのブログに書いてみたいと思います。



posted by Mana at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。