2007年03月17日

動物園から象が消える?=愛護派、「残酷」と主張−米(時事通信)

3月14日の時事通信のニュースです。

米ロサンゼルス動物園は13日までに、長年飼育してきたアフリカ象「ルビー」を引退させ、カリフォルニア州北部にある広大な動物保護区に移送する計画を発表した。米国でも象は動物園の人気者だが、動物愛護団体が「狭い動物園での象飼育は残酷」と批判を強めており、各地の動物園から象の姿が相次いで消えている。
 ルビーは46歳のメスで、健康状態は良好。数カ月以内に非営利の動物愛護団体が運営する動物保護区に運ばれる。丘や湖が広がる保護区は、総面積2300エーカーと東京ドーム約200個分の広さ。ロス動物園は、繁殖の必要性が高いアジア象の飼育は続けるという。 


これはとても難しい問題で、考えさせられる問題ですね。
確かに動物にとって、自然が一番、狭い檻に入れて飼育するのはかわいそうという意見もあるでしょう。
しかしその一方で、人間が動物を実際に見て知り、動物の愛らしさや命の大切さを知ることができるのも、動物園のおかげです。
動物にとっても、厳しい自然に生きるよりも、たとえ狭くても安定的に面倒を見てもらえる動物園の方が幸せという考え方もあるかもしれません。

そして、これは単に動物園だけじゃなく、ペットを飼うことの是非ということにもつながってくる問題です。

動物自身が自分で意見を言えない以上、答えの出ない問題だと思います。

でも動物自身が声を出せないからこそ、人間が、動物の立場を考えながら議論していくことは、大事なことだと思います。
もっともっといろんな議論がされることが必要ではないでしょうか。

ゾウに関するオススメ図書:
1991年の湾岸戦争中、カメラを食べた動物園のゾウがいた。えさをもらえず、お腹がすいたからだけ? その夜、壊れたカメラにひとすじの月の光がさしこみ…。本当にあった話をもとにした創作絵本。
『カメラを食べたゾウ―もうひとつのかわいそうなゾウの物語』(文:鎌田俊三 絵:大石容子)



posted by Mana at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。