2009年08月03日

子猫販売ブリーダー直販サイト Cats(旧:インターネットのネコやさん)という業者をめぐるトラブル・苦情のお話

知人から、以下のような相談を持ちかけられたので、一応転載します。
議論の是非については、各自ご判断ください。


知人は、インターネットのねこやさん(現在の名称は子猫販売ブリーダー直販サイト Cats)というサイトで猫を購入したそうです。
↓こちらです
ttp://www.cats.to/
(わざとリンクをはずしてありますので、
 サイトをごらんになりたい方は、冒頭に「h」を加えて、
 ブラウザに張り付けてください)

友人は、紹介されたブリーダーから、猫を引き取ったところ、
その猫は、引き取ったその日から耳をさかんに掻いており、
2日ほどすると、耳の後ろが赤く腫れてきたそうです。
そして病院に連れて行きますと、「真菌症」と診断されたそうです。

しかも、病院に行ったついでに、検便検査をしたところ、
「コクシジウム」という寄生虫がいることが判明しました。
コクシジウムは、発症しないと何の症状もないものの、
一旦発症すると、死に至る可能性もある病気だということでした。

知人は、
コクシジウムは、他の猫の糞から経口感染するものだと聞いたので、
現在、家で他の動物を飼ってない知人宅での感染はありえないと考え、
ブリーダーさんの家の猫や、同じブリーダーからもらった他のお客さんの猫がもし保菌していたら大変だし、
その可能性が高いと思うので、
念のため、他のお客さんにも、検便検査をするよう連絡してくれないかとお願いしたところ、
上記の「インターネットのねこやさん」から、

「通常腸内に存在するからと言ってすぐに問題が出るわけではなく」
「現在何ともないネコちゃんのコクシジウムの検査をすることはあまり意味が無い」

として、要望を聞いてもらえなかったとのことです。

しかも「他の顧客からクレームは一切ない」ことを盾に、感染も当方の責任であるかのように言われたとのこと。

発症していないために他の顧客が気づいてないからクレームしてないだけかもしれないのに・・・。

またその後のメールではコクシジウムは「常在菌に近い」ものなので理解してほしい、
というようなことまで言ってきたとこのことです。

死に至る可能性もある寄生虫を、
「発症していないから検査しても意味はない」
といって済まそうとし、
それどころか、寄生虫を「常在菌のようなもの」とまで言い切るこの「インターネットのねこやさん」という業者、
正直どうなんでしょう??

みなさんどう思われますか?



posted by Mana at 21:50| Comment(19) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。