2008年09月24日

宮城県村田町歴史みらい館「猫は神さま―県南の猫神信仰について―」

宮城県村田町の歴史みらい館にて、8月2日から9月28日まで、町民ギャラリー展「猫は神さま―県南の猫神信仰について―」が開かれているそうです。
http://www.town.murata.miyagi.jp/cgi-bin/new/new.cgi#mir20080821-01

宮城県南部を中心に、猫神に関する祠や石碑、猫塚、猫石などについて紹介したものだそうですが、上記ページには下記のような画像が掲載されており、とても面白そうです。遠いので見にいけないのが残念です。もっと早く知っていればなぁ・・・。

miraikan20080821-01.jpg丸森町大内字高田の猫神の石碑 年代:大正3年(1914)

miraikan20080821-02.jpg丸森町筆甫字和田の猫神の石碑 年代:文政5年(1822)

江戸時代、猫は養蚕地域でネズミの食害を防いでくれる存在として尊重され、信仰の対象になりました。養蚕が廃れてからは、無病息災や供養の象徴に変容していったようですが、河北新報の報道によれば、宮城県内には猫の石碑が51基、猫神社が10カ所あるとのことですが、石碑の全国的な分布は岩手県が8基、福島、長野両県は6基などで、宮城県が突出して多いそうです。また角田市枝野にある石碑には「猫神」の刻字とともに「講中」と彫られており、この地域に猫神信仰をよりどころとする集団が組織化されていたことを示す貴重なものだということです。

猫好きな方には、本当に面白そうな展示なので、近場の方はぜひ行ってみてください。



posted by Mana at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

種の保存本能?

動物には「種族の保存」という本能がある、と言われることがある。

自分という一個体を犠牲にしてでも、種族全体の繁栄を優先させるというものである。

たとえばネズミは個体が増えすぎると、集団で海に飛び込んで自殺するとか、あるいはカマキリのオスが、交尾のあとでメスに食べられてしまうとか・・・。

だが、この「種族の保存」なるものが、本当に動物の本能として備わっているかどうかについては、かなり怪しい。


日高敏隆『動人物』によれば、ある種のトンボのオスは、メスを見つけると、交尾する前にまずメスの交尾器を調べ、そこに自分より前に交尾したオスの精子が残ってないかをチェックする。もし精子がのこっていれば、それを綺麗に取り除いて掃除し、前のオスの精子を排除し、それから自分の精子を放出するのであるという。

またライオンやサルの中には、妻に前夫がある場合、その前夫の子を皆殺しにしてしまうものもいるらしい。

これらの事例は、明らかに「種族の保存」の原則に反する。種族を保存するのなら、自分の子であれ他人の子であれ、生存させるのが妥当だからである。

日高は、こうした事例をもとに、
「種族ではなく、自分の遺伝子の保存・繁栄こそが重要なのである」
と結論づけている。
つまり、自分の遺伝子をもつ子孫をどれだけ後代に残せるかが重要なのである。


では、なぜ動物が「種族の保存」という本能を持つという解釈がしばしばなされたのか?


仮説に過ぎないが、私はそうした議論がしばしばなされるようになった背景には、民族主義とのアナロジーがあるように思えてならない。

動物には「種族の保存」の本能があり、自己犠牲の精神がある。そのことと、民族の存続のための、自己犠牲の精神とが、アナロジーとして対照されきたのではないか、と。

もちろん、これには、「種族の保存」に関する言説の歴史についての厳密な実証が必要であろう。

しかしおそらくは、
「動物には「種族の保存」の本能があり、それが人間においては民族の自己保存の本能となって顕現している」
とか、あるいは
「動物ですら種族の保存のためには自己を犠牲にする。ましては人間は・・・」
というような言説が、多くなされてきたのではないか?その結果として、人々はこうした言説を信じるに至ったのではないか。


しかし、仮にそうしたアナロジーの論理が存在していたとしても、それはどちらかが原因でどちらかが結果の関係にあるということを意味するわけではないだろう。民族主義が動物の「種族の保存」本能説を生み出したわけでも、またその逆でもない。

それは利用され動員されただけである。


というのも、仮に生物学の進歩によって、動物が決して「種族の保存」という本能を持たないということが明らかにされたからといって、民族主義者は痛くも痒くもないに違いないからである。

もし動物に「種族の保存」の本能が無いということが、民族主義全盛の時代に明らかになっていたとしても、民族主義者は
「だからこそ人間は動物とは違うのだ。人間には自己犠牲によって種族の保存を希求する崇高なる精神が宿っているのだ」
と言えば済むだけのことである。


「人間と動物は何が同じで、何が違うのか?」

この問いはしばしばなされる問いである。

しかし、この問いに関する答えは常に論者に(そして人間に)都合の良いように構成されてきたのではないだろうか?


以上、オチらしいオチも無いのだが、今後掘り下げて考えてみたい問題だったので、メモがわりに・・・。

posted by Mana at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。