2007年05月30日

犬猫の引き取り有料化、全国へ拡大 (Petwalker.jp)

Petwalker.jpから、全国の自治体で、犬猫の引き取りの有料化が相次いでいるというニュースです。

まず、発端は、16日の厚生労働省の通達から始まりました。まずは、この通達を報じたPetwalker.jpの報道から。

これまで全国の動物愛護センターや保健所では、職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬は、捕獲してから2日経っても飼い主が名乗り出ない場合、狂犬病予防法に基づき、ほとんどを殺処分しているのが現状だ。

今回厚生労働省は16日までに、犬の殺処分について、出来る限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など動物愛護センター、保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。病気の予防や食品の安全、働く人が安全で快適に働ける環境づくりなど人の生活に関わる厚労省が、動物愛護の観点に立ち自治体に働きかけをするのは異例。厚労省は「狂犬病予防法が制定された昭和20年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼び掛けているという。2005年度に捕獲された犬は88,827匹で、うち飼い主がみつかったのはわずか14,410匹。動物愛護団体や一部国会議員からは「たった2日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に訴えていた。

しかし、動物愛護センターや保健所では何日間も保護し続ける場所やコスト、それに伴う人手の確保は現実問題として容易ではない。また犬だけに限らず、猫の捕獲頭数、殺処分の頭数は犬に比べてはるかに多く現状のままとなっている。

さらなる問題として、あたかも里親のふりをして引き取った後、毛皮業者への販売や動物実験に使用されるなど、殺処分に関する問題はまだまだ山積している。


次に、この通達を受けて引き取りを有料化する自治体が増えているというPetwalker.jpの報道を載せておきます。

先日厚生労働省からの異例の通達を受けた全国の自治体で、犬猫の引き取りの有料化が相次いでいる。引き取り、または捕獲された犬猫の9割以上、年間36万匹以上が殺処分されている現状に環境省は、改正動物愛護法に基づき、平成18年7月に動物愛護管理基本指針を制定。一部の自治体はこれまで無料だった引き取りを、安易な飼育放棄を減らす目的で有料化に踏み出していた。

全国での有料化実施の背景には、犬猫の殺処分数の減少と、引き取り先を飼い主に探させることが狙いとみられる。飼い主から得られた料金は各自治体の動物愛護センターなどの運営資金の一部に充てられる。


この問題で、保健所や動物愛護センターを責めるのは容易ですが、しかし根本の問題は安易に動物をそうした施設に持っていく飼い主の側にあります。「処分」しきれないほどの動物たちが持ち込まれている現状をなんとかしない限り、保健所や愛護センターのやり方だけを責めることはできないでしょう。

それを考えると、こうした有料化の方向は当然という気もします。もっともっと高額化してもかまわないと思います。

とはいえ、このように有料化した場合、センターへ持っていくのではなく、街中に捨てる人間が増えることが危惧されます。人々の意識の向上が必要なのは言うまでもありませんが、事態はそれを期待しうる状況をはるかに超えるひどさだと思います。
ペットの放置に関する罰則の強化と、ペットの販売体制の見直し(登録の義務化など)といったことも、あわせて考慮していく必要があるのではないでしょうか。



posted by Mana at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

言葉を話すスズメ

5月17日の産経新聞から、すずめが人間の言葉をしゃべっているというニュースです。

 ◇…三重県紀北町の食料品店「中野章吾商店」で保護されているスズメのチビは「いらっしゃい」「おはよう」「チビちゃん」など9つの言葉を話し、訪れる人を驚かせている。

 ◇…6年ほど前、けがをしていたため同商店の中野八重さん(85)に預けられたチビ。八重さんが毎朝、世話をしながら「おはよう」と話し掛けていると、約半年後にまねるようになったとか。

 ◇…八重さんの話す方言の抑揚もまねてはっきり発音するチビに、専門家も「スズメのくちばしや舌ではオウムほど上手にまねはできないはず。愛情のたまものだと思う」と舌を巻いている。


これはかなり驚きのニュースですね!ぜひそのすずめが喋るところを見てみたいものです。どっかのテレビで取り上げてくれないかなぁ・・・。

posted by Mana at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ウミガメ保護 高齢化で危機(紀伊民報)

5月8日の紀伊民報より、ウミガメ保護のためにボランティア活動をしてきた方々が高齢化し、保護活動が危機に瀕しているという記事です。

 紀南のウミガメ保護活動が、活動家の高齢化で危機にひんしている。新宮、みなべ、串本の活動団体の中心メンバーは70、80代で、産卵期の早朝や深夜に浜を巡回するのは体力的に厳しくなっている。「新宮市ウミガメを保護する会」では、速水政夫会長(81)夫妻が活動をやめ、このままでは会が自然消滅するという。
 速水会長と妻の福枝さん(77)は1975年に、保護活動を開始。賛同者が増え、89年には「保護する会」が発足した。
 王子ケ浜でアカウミガメが産卵する5〜9月の毎日、夜明け前から延長約3・5キロの浜を見回り、上陸数や産卵数を記録、卵を浜中央のふ化場に移してきた。園児を招いて放流会を開き、自然や命の大切さを教え、浜の清掃を通じて環境保護にも力を入れた。会員は約50人いるが会費を納めるだけの人がほとんどで、実質的には速水会長夫妻2人がこれらの活動を担ってきた。
 しかし、速水会長は80歳を迎えた昨年6月、体力の限界を感じて「世界遺産となった浜の環境保護にもつながる。市でボランティアを募り、後継者を探してほしい」と新宮市長に陳情、昨シーズンを最後に活動を断念した。1年たった今も後継者は見つかっていない。
 新宮市の隣にある三重県紀宝町は毎年、ボランティアを募り「ウミガメ保護監視員」を組織、6月から9月にかけて6人体制で活動している。
 速水会長は「活動時間の問題もあり、会員に無理は言えなかった。新宮市も紀宝町のような組織づくりを進め、ウミガメを守る活動の火を消さないでほしい」と話す。
 本州有数の産卵地「千里の浜」があるみなべ町では、元小学校教諭でみなべウミガメ研究班の後藤清代表(78)が1985年ごろから保護活動の中心を担ってきた。
 退職後の88年から5月〜10月中旬にかけ浜を巡回、上陸、産卵、ふ化の数を調べてきた。ピークの6月〜8月末は毎日、午後8時半ごろから深夜未明まで浜を往復している。
 90年から京都大学、2002年から京大に代わって日本ウミガメ協議会(大阪府枚方市)が巡回活動に参加。後藤代表が帰った後の深夜から明け方にかけ、協議会メンバーが滞在し、浜を回っている。この活動に、町が補助金を出している。

 後藤代表はこれまで数人に声を掛けたが、後継者は見つからなかった。「町と協議会の支援でどうにかやってきたが、夜間の活動が厳しく地元で核となるボランティアが育たない。対策を考えないと紀南の保護活動の見通しは暗い」と嘆く。
 23年間活動を続けてきた串本町の「串本海亀を守る会」(中尾勇会長)は、中心メンバーが5〜6人いるものの、70、80代と高齢化が進む。
 5月中旬〜9月下旬の巡回は早朝の午前4時から。足腰が弱くなり、薄暗がりの中、足場の悪い海岸で転ぶメンバーも出てきた。中尾会長(81)も杖をついて回るが、腰をかがめて砂浜を調べるのが苦しく、活動を終えた後、半日は横になって過ごす。
 会費を納める大阪方面の会員もいるが、新宮と同様に巡回活動を担う地元メンバーが増えない。
 中尾会長は「串本の海がラムサール条約に登録され、環境への関心は高まっているが、現実は厳しい。このままでは数年内にも活動が絶えかねない」と話している。


 会員は50人いても、実質的に活動できるのがたった2人というのは本当に危機的状況だと思います。

 そもそも、ウミガメが住める環境を奪ってきたのは、人間の経済活動だと思います。であるならば、ボランティアに頼るだけではなく、国や自治体が、保護のためにもっと力を入れてしかるべきではないでしょうか。

 とくに地域としては、観光資源にもなりうるものであり、小中学校の教材としても有用だと思います。串本町はボランティア活動に補助金を出しているようですが、観光や学校教育と結びつけることで、もっと大きな効果をあげることはできるのではないでしょうか。県や国レベルでの取り組みも必要だと思います。「美しい国」を標榜するなら、特に、環境問題への取り組みは重要でしょう。

posted by Mana at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

自動車保険を何にしようか迷っていたが・・

ここのところ、ブログ更新が滞り申し訳ありません。

書くネタが見つからないということと、多忙であったことで、記事を書けないままでいました。

が、あまり書かないまま放置するのもどうかと思うので、動物ネタではないですが、ちょっと久しぶりに書きたいと思います。


実は、僭越ながら、このたび自動車を買い替えることにしました。

少し前に、車を縁石にぶつけてしまい、バンパーが破損していたのですが、もう6月に車検切れとなるため、これを機会に買い換えることにしたのです。

車を買うというのも、生まれて初めてのことなので、いろいろ錯誤しましたが、何とか購入までこぎつけました。しかし、後回しになっているものがありました。自動車保険です。

今まで、弟のお古に乗っていたので、保険料も弟に払わせてましたが(笑)、今回から自分名義の車になるということで、自分で保険を払わなくてはならなくなりました。

何せ自動車保険なるものに加入するのは、初めてで、非常に迷ったのですが、ネットで調べてみると、今はネット上で一発で沢山の保険会社に一括見積もり依頼ができるサイトが沢山あるのですね。

いくつか見てみましたが、保険の窓口 インズウェブ
というサイトが一番多くの業者を一括で検索できるので(なんと20社も一括で見積もりできるそうです)、とりあえず、見積もり依頼してみることにしました。

保険の窓口 インズウェブ


果たしてどこの会社が一番安く出るか!
結果が出たら、またブログ上で報告しますね。

あと、何か保険に関してアドバイスのある方いらしたら、ぜひぜひアドバイスください。よろしくお願いします!

posted by Mana at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。